2020-11-06

海で踊ろう!海で描こう!感じるままに地球と繋がろう

豊かな感性と五感を育てるうえで、

幼少期に芸術が身近にある生活は一つの事を多角的に捉えれる創造力や

表現力を育むことができるとともに、

こどもたちの将来の選択肢を増やし自己肯定感を上げると感じています。

まずは、自然の中で遊びながら親子で芸術が身近にある空間を感じてもらいたくて企画しました。

”海で踊ろう!海で描こう!感じるままに地球と繋がろう!”

天候に恵まれ最高のロケーションで

こころと身体を開放し

生まれもった五感と感性を最大限に生かした自己表現のワクワクワークショップ!

大成功でしたーーーー♡

 

主催している私自身もとっても楽しかったのですが、

何よりご参加くださった方が

『なかなか日頃体験できない貴重な体験をありがとうございました!』

『こどもがずっと海で絵を描いて遊ぶって楽しいね!海でごはんを食べるって美味しいね!と言ってて本当に参加して良かったです』

『日頃悩んでたいろんな事がどうでもよくなりました!笑。コロナの自粛が続いていたのでとても有難い環境でした』

と、嬉しいリアルな言葉をたくさんいただき本当に開催して良かった―――!と感じています。

 

ウォーミングアップは20分ほどビーチクリーン

日本一ハードルの低いビーチクリーン活動4seasさんのご協力のもと、楽しくたくさん拾い体があたたまりました!

そこで拾ったものをかたどったり、

身体を使って描いたり、

足に好きな色を付けて

ステップ踏んでみたり、

歩いてみたり

そんな楽しい空間で描いた作品が

最後はエコ風呂敷に変身しました。

高校の時のダンス部の友人も参加してくれたり

出逢いや再会、晴天の海にこころより感謝致します。

そして、ペイントに関してはフィンガーペイントにこだわりました。

フィンガーペイントは筆などは使わずに直接手や指に絵具をつけて塗ったりこすったり描いていくことで、

海外で医療の一環として児童心理学者がこころの傷を癒す目的でアートセラピーとして始めりました。

イタリアでは幼児教育の一環としてスタート🇮🇹

どろんこ遊びに近いことから「泥んこの直系の孫」とも言われたり
汚い手=ダメの既成概念から解放されて自由になる
思いのままに自己表現ができるので、早い時期から達成感や喜びを体感できたり、
また、それをお母さんが「上手だね」と笑顔で褒めてあげることで自信や自己肯定感も自然に育くまれていく🌿
視覚と触覚を刺激し、想像力、創造性を育み子どもが手先を使ういい訓練にもなる
そんな嬉しい効果を期待できるフィンガーペイントですが、何より美しく仕上げるよりも気持ちを開放して心地よさを感じてほしい✨
今回家族での参加型にした事も意味があり
こどもにとっての初めての世界は「家庭・家族」
こどもたちは大人をみて育っていく。大人が楽しく遊んで最高にいい気分でいる事は必ず伝わります。
だからこそ、こどもの事を思って何かしてあげたいと思うとき、大人自身が自分自身を整えることはとても大切だと感じています。
昨日は私が最高に心地よく幸せを感じていたので娘は想像をはるかに超えて大暴走、大爆発していました🤣
歩く芸術品じゃないかと思うぐらい。笑。
可愛い絵具まみれの我が子たちと3人で写真を撮り損ねたのが唯一悔やまれます。笑。
今回はカラダに無害の舐めても大丈夫な絵具を用意させていただきましたが、我が娘だけがしっかり絵具を食べていたので。笑
次回開催の時はもっと食べても舐めても大丈夫な野菜と小麦粉で作る手作り絵具をを大量に用意しようと思います👍✨
今回ご参加いただいた皆様本当にありがとうございました!

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA