2020-04-22

個展 『光の鼓動』

2020.3.21~28

個展 『光の鼓動』

十人十色。

それぞれの人が内に秘めいている情熱や光が湧き上がってくるような鼓動を感じる力を与えるものに。

0歳、3歳の二児の子育て中に体当たりで挑んだ個展。

個展初日は天候に恵まれ多くの友人達が駆けつけてくれました。

15年ぶりの友達との感動的な再会から治療院の患者様にはじめましてのお客様。

まだまだ未完成な部分もたくさんありましたが、

睡眠不足での疲弊が吹っ飛ぶぐらいの

嬉しい励みとなる言葉をたくさんいただいて個展初日は半べそかいていました。

本当に本当に挑戦して良かった。

心底応援してくれる人達がいること、支えてくれる人たちの存在に改めて気づけそれが力となり自信となっています。

温かい言葉ってどんな高価なプレゼントよりもその気持ちが物凄く力となります。

アートの力で医療や介護の手助けをする取り組みが、世界に広がり始めています。

美術館のようにアート作品で溢れるイギリス・ロンドンのチェルシ―&ウェストミンスター病院での

予備調査では、87%の患者が痛みの軽減を感じているほか、採決時間が通常の7分から3分以下に短縮。

入院病棟では12日間の入院予定が9日に短縮したケースも。

日本でも四国・香川の病院ではアートで患者様の心を癒す試みが始まっています。

 

アートは、経済を動かしていいくとともに、心と脳にお薬と同等の効果が持つものとして私達のこころを潤すものとなっていくと信じています。

 

今回の個展では、来られた方々の不安を取り除き自然治癒力を上げる

そんな場を目指して開催させていただきました。

 

開放的で大好きな海が見える環境。

最高に贅沢で、私以上にこどもたちが大喜びでした。

半分外だから遊び疲れて寝るかと思いきや、テンション上がってお昼寝はあまりせず
個展中~めいいっぱい楽しんで遊んでいました。

子ども達が喜ぶ姿を見てるだけでも癒される。

はじめての個展がこども達と一緒。一生忘れない感謝溢れる時間となりました。

 

ちょうど個展が終わった夜に、福岡に外出自粛要請が出るというタイミング。

換気が良いとはいえ、この状況下足を運んでくださった皆様本当に本当にありがとうございました

 

ありがたい事に手がけさせていただいた1/3の絵画達の旅立ちが決まり、

一見さんでご購入いただいた方、

来てくれた友人のSNS投稿をみて県外からオーダーをいただいたり、

目に見えないたくさんの力と可能性という自信をいただきました。

 

この力を今の世界に何か役に立つ事はできないかと、今現在海外にいる友人達に相談した結果。

『元気な人は気持ちが思いやりやポジティブにいる意志が大事だなって感じたよ。

Mioの絵や技術が支えになるアイディアは、SNSやYouTubeで各国へ向けて絵と文でエールを送ったり、

ロックダウン時に自宅でできる、子どもとできるお絵かきの方法や、身体ケアなどの動画かな?と。

ハッシュタグをつけてインスタ投稿。
# lockdown とか
# covid19 とか # stayhome # staysafe # staybe positive などつけると今ロックダウンされてる人達に届くと思う。

絵を贈りたかったのですが、絵を贈るアイデアやこころは素敵!

あとはタイミング。状況が状況なので宅配すらもリスクな今。と、リアルな状況を教えてくれる友人に感謝。

今の環境でできることを。

個展が終わった次の日は久々にこども達と二度寝して、ゆったり愛情盛り盛りご飯を作って食べて、家庭菜園の畑を耕して野菜を植える。

何気ない一日が最高に幸せ。

ちいさな幸せを大切にこれからの時代を生き抜く力をこども達と一緒に育みながら、

母としても守りながらも攻める力も。

まだまだ成長していきたいと思う今日。
愛しい日々にこころより感謝。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA